10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめんなさい

4月の演奏会のソリストさんは、視奏する方だそうです。
「楽譜通りに弾くことがいかに難しいことか。作曲家が書いた作品に尊敬を込めて楽譜を大切にしたい」という方のようです。

うーん、すごく共感できる!
私の場合、暗譜が苦手ってこともあるけど、やはり楽譜に忠実に弾きたいという思いが強いので、どうしても楽譜から離れることが怖いと感じる。
なんか適当に、なんとなく弾いてしまいそうで。
「暗譜が得意」っていう人の演奏って、楽譜に忠実でないことが多いように感じるし。

まだお会いしたことないけど、今月末の初合わせがとっても楽しみ~

そんなソリストさんにベートーヴェンを弾いていただくのだからこそ!私たちオケも、楽譜通りに、ベー様の思いを読み取って弾けるようにしておかなければ!と思うのだけど・・

いい加減なんだなー
適当なんだなー

たとえば・・
べーp協⑴
48,49小節の、スタッカートの数。
3つついてたら、3つつける。2つなら2つつける。
こういう当たり前のことができていない。
スタッカートが見えないのか、どの音についているのか意識していないのか(はぁ~すんごい低レベルな話・・)、ボウイングテクニックの問題なのか・・?

テクニックには個人差があるから多少は仕方がないのかもしれないけど、でもこのくらいのスタッカートがつけられないテクニックでは、オケの曲なんて弾けないでしょう?と思っちゃう。

やっぱり意識の問題なんでは・・?


あと、
べーp協⑵
347小節~のpizz
「愛がない」と指摘された。するとアウフタクトで鼻をすする。

なんか・・なんでもかんでもアウフタクトで鼻をすする(鼻息をたてる)人がすごく多いように思うのですが・・

今回、ベートーヴェンのボウイング&pizzは基本ONで・・ということで統一している(はず)。
ONでpizz・・ならば、むしろアウフタクトは息を吸わないんではないかしら?

愛情あるpizzにするならば、やわらかく、弦をはじくスピードもゆっくりめ?と思うのですが、音がするほど鼻で息を吸ったら、当然「バチン!」とスピード感あふれるpizzになるのでは??

ここはピアノをpizzという愛で支えるところ。
マーラーみたいに、言葉で書いてあるわけじゃないけど、そう読み取って(感じながら)弾くのが、作曲者に対する敬意と楽譜を大事にする・・ってことなのでは?

あー、このままでは作曲者に対しても、ソリストに対しても失礼、申し訳ないと思うのは、おかしいでしょうか?



こういうことを書いたり口にしたりすると、
「ほんっとにサリーさんて、細かくて小うるさいババアだわねっ!いなくなってくれればいいのに・・」
なーんて、陰口たたかれちゃうんでしょうねー。

でもさー、生き甲斐と言えるくらい好きなことやっているのに、いい人ぶって見て見ぬふりするくらいなら、嫌われてもいい音楽を作りたいな、私は・・。
スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

おりひめ

Author:おりひめ
自閉症の息子(19歳)と‘普通’の女の子(高1)の母。

息子のピアノのフォローのために、26年のブランクを経てピアノを再開⇒ただいま多忙につき、再度お休み中。

バイオリンは大学オケで始め、現在都内の某アマチュアオーケストラに在籍し、独学で20数年ブランクなしで続けています。

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カテゴリ

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。