10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレッシャー

お兄ちゃんの現場実習が始まりました。
2週間、朝9時~夕方17時半まで、ピッキングのお仕事をさせていただきます。
昨日は初日だったので、朝7時半に家を出発、担任の先生と一緒に初日の挨拶をしてきました。

現場実習は今回で3回目。
親子共に実習に出る(出す)ことには、だいぶ慣れましたが、やはり緊張します。

特に、今回はウチの学校としては初めて実習を受け入れていただいた企業。
来年以降、後輩達の実習につなげるためにも、絶対に粗相はできません!!

「こんなに真面目に一生懸命な生徒がいる学校なら、また来てよ」・・とは言われなくても、
少なくとも「こんな厄介な生徒がいる学校はもう御免!」・・と言われないようにしなきゃ。

ヘンなプレッシャーになっても・・と思って、本人には話していないですが、
母は相当なプレッシャーを感じております。

「実習ノート」なるものを作り、面接~巡回~反省会の内容、
失敗したことや担当者から指摘されたことなど、記録しています。
それを見直し、絶対同じ失敗は繰り返さないように、一歩でも前進できるように。

でも企業や担当者によって、指摘されることも違うし、
割とおおらかであったり、その逆であったり。
その辺を読み取って、保護者として適切に対応?するのも難しいです。

要するに、空気を読め・・ってことなんですが。



母は周囲に頭を下げながらスケジュール調整をし、すごいプレッシャーを感じながら毎日息子を送り出し、実習日誌をチェック&コメントし、仕事中も実習のことを考えているのに、夫は実習日誌を開くこともない。まるで人ごと。
実習中のスケジュールも把握していないかも、いや、実習の重要性もちゃんと理解していないかも(興味ないし・・)。

帰宅したらご飯食べて、さっさと別室で好きな時間を過ごす。
気楽でいいよね・・
スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

おりひめ

Author:おりひめ
自閉症の息子(19歳)と‘普通’の女の子(高1)の母。

息子のピアノのフォローのために、26年のブランクを経てピアノを再開⇒ただいま多忙につき、再度お休み中。

バイオリンは大学オケで始め、現在都内の某アマチュアオーケストラに在籍し、独学で20数年ブランクなしで続けています。

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カテゴリ

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。