10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びっくりさせましょう

昨日は久々にお兄ちゃんのレッスンについていきました。
土曜日の夕方のレッスンなので、私はオケ練に行く準備に必死で、子どものレッスンどころではない。(悪い母親!)
それに、あまりレッスンに顔出しして、アテにされても嫌だな・・と思って。
(今の先生は、プロ意識も高いし、そんなことしないと思うのですが、前の先生にかなりアテにされてしまったので)

でも、文化祭でピアノを弾くことをちゃんとお伝えしておかなくちゃと思って、行ってきました。
なんとなーくは本人が伝えたようなのですが、詳細はお兄ちゃんの日本語力では伝えきれないだろうと。


これこれこういう経緯で「月の光」にきまりました。
それとなくは聞いていたけど・・文化祭はいつですか?
来月末です。
えーーーーーっ!1ヶ月しかないじゃない!間に合うかしら・・
劇中なので、たぶん皆そんなにちゃんと聞いていないだろうし、発表会とかフェスティバルみたいに弾けなくてもいいと思うんですけど・・。

じゃ、もう他のツェルニーとかインベンションはお休みでいいわ。しばらく「月の光」だけやりましょう!
(ニヤニヤ・・)
ちょっと!インベンションやらなくていいと思って、喜んでいるでしょう?!
(図星・・)

こうなったら、みんなをビックリさせましょう! 感動させる演奏にしましょう!!(やる気満々)
せ、先生。今の状態でも、十分ビックリすると思います。この子がピアノ弾けることを皆、知らないのですから・・(実習もあるし、そんなに無理しなくても・・)

じゃ、早速始めましょう。楽譜出して・・
あ、忘れました・・
はぁ~~~(このアホ!!)さっき練習してたじゃないのよっ!なぜ持ってこないっ??

彼はすぐに暗譜できるので、そうすると楽譜がうっとうしいらしく、楽譜を見ようとしません。だから読譜力もつかないし、間違いや思いこみにも気付かない。
得意が仇となっているのです。

楽譜には作曲者からのメッセージが山のように書き込まれているのに・・。
ある程度弾けるようになっても、長く弾いている曲でも、ちゃんと楽譜を見ながら弾くと、今まで気付かなかったことに急に気付くことが、急にメッセージが見えてくることが多々あります。

ま、どっちにしろ自閉症の彼には、こういうメッセージは気付きにくいかもしれないけど。

暗譜が早いことを自慢する人もいるけど、でもそういう人に限って、作曲者からのメッセージを見落としていて、自分の感情にまかせて・・要するに音は正しくても、音楽的に勝手に弾いていることが多いように思います。
(・・て暗譜が苦手な者のひがみですかね。)



とりあえず、先生の楽譜をお借りしてレッスンしていただいたのですが・・


オケ練があるので、伝えたいことだけお伝えして帰ってこようと思ったのですが、帰れなくなってしまいました。
先生の指示を覚えられるだけ覚えて、帰ったらすぐ楽譜に書き込まなくちゃ・・と。

あーーー時間がぁ。オケに遅刻するぅ・・と思いましたが、先生のレッスンは、(私は「月の光」は弾きませんが)とっても参考になります。他の曲を弾く上でも、オケでも。

・和音が1音に聞こえるように。ずれると響きが変わってしまう。

・ベース音をそんなに鳴らさない(親指でとるので大きくなりがち)。一番上の音、メロディーをよく響かせて。

・自分の音をよく聴きながら弾く=メロディーをよく聴く。合いの手はもっと小さく。

・冒頭は真っ暗な森の中。この跳躍音で月明かりが降り注ぐ。もっときらっと響かせて。鍵盤を押すと音がきれいに響かない。月明かりってとっても明るいのよ。今は街灯がいっぱいで夜も明るいから気付きにくいけど。昔の人は月明かりで勉強したりしたのよ。

私、ピアノは今は独学で練習していますが、ただ音符を追うだけではなく、自分なりに考えながら弾いているつもり。でも、先生のレッスンを見ていると、うっかり疎かにしていたことに気付き、翌日は練習会だってーのに、人前で弾くのが恥ずかしくなってきました。
大人は、上手くなるためってより(もうロクに上達しないのだし)、音楽(表現的)なことに気付かせてもらうためにも、やはりレッスンは必要かもしれませんね。
あー、またレッスン行きたいな・・。



帰宅後、慌てて楽譜に書き込みをし、メロディーラインにマーカーを引き、夕食準備の続きをやり、
「ちゃんと復習しておきなさいよっ!!」と言い残して、慌ててオケ練へ。
ギリギリセーフ!でした。


「ドビュは絶対に弾かない!」と思っていたけど、レッスンに付き添って、楽譜に書き込みしたら、なんだかちょっと弾いてみたくなりました。やればやるほど表現できそうな曲ですね
スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

おりひめ

Author:おりひめ
自閉症の息子(19歳)と‘普通’の女の子(高1)の母。

息子のピアノのフォローのために、26年のブランクを経てピアノを再開⇒ただいま多忙につき、再度お休み中。

バイオリンは大学オケで始め、現在都内の某アマチュアオーケストラに在籍し、独学で20数年ブランクなしで続けています。

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カテゴリ

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。