10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定演が終わって~仕事

今回の演奏会、私は1stの中間プルトのインサイドで弾いていました。
1stを弾くシーズンでは、最近よくこのポジションを与えられるのですが・・

正直、あまり座りたくないポジションです。

指揮がよく見えないし、
(特に今回は私より前に座っている人が全員、私より大きい人だったので、
前の人の頭と指揮者の手先が重なり、ホントに困りました)
なのに1stも2ndも見渡せるので、あちこちでズレが生じているのがよく見えてしまい、
非常に動揺しました。

そして周囲に“アンテナ張らない”“気持ちよくなっちゃう”方が多く、
とてもストレスになりました。
(周囲に・・というより、オケ全体に多いかも・・)

①注意されても楽譜に何も書き込まず、何度も同じことを注意される。
(鉛筆さえ持ってこないことも)
②指揮を見ない、周囲の音を聴かず、自己陶酔して突っ走る。
③デカイもの勝ち、pに落とせない ・・etc.

まあ、どこのアマオケにもよくあることなんでしょうけど。

②③は若い人にありがちで、「仕方がないわね~まだ青いのね~」
なーんてなんとか許してあげようと自分に言い聞かせるけど、
決して若くはない人でもこうだったりすると、
「いい加減に大人になろうよー!」と叫びたくなります。
気持ちは20代ってことなのでしょうか?

特に②は本番でやられちゃうと、本当に困りますよね。

今回のリゲティとブラームス=シェーンベルク、後方プルトがどうしても突っ走っちゃって、
指揮・コンマスとずれているのに、たぶん全く気付いていないと思われる場所がいくつかあったのです。
でもトラさんとかプライドの高い人(自分は上手いと思っている人)には言いにくい。
自由に、自分ののやりたいように弾いて、気持ちよくなりたい人、多いですから。

とても悩んだ結果、その部分をステリハでわざと体を上下に揺らし、
拍をとりながら弾いてみました。
こら!走るな!ちゃんと指揮を見ろってば!
と背中で叫びながら・・。

で、次に悩んだのが、本番でどうするか・・です。
こんな動きはNGで客席から見たら絶対おかしい。
第一、私はザッツを出す立場じゃないので、余計は動きはしたくありません。

うーーーん・・

どうすべきかわからなかったのですが、その時の状況に応じて、ずれそうになったら動こう、
そう決めました。

お陰様で、本番はさほどずれず、私も動かずにすんだのでよかったのですが。


③は何度注意されてもできない(pに落としたくない)みたいなので、
仕方なく私はppppくらいで弾くことにしました。
(mf+pppp)÷2=p くらいに聞こえるかな~と思って。

結構辛いこともあり、かなりストレスもたまりますが、こういう調整をしながら弾くのが
バイオリン全体を見回せる中間プルトの仕事なのかもしれません。

今回、3曲ともブラボー!をいただいたのですが、
特にブラシェンはこの↑調整が精神的にとてもきつく、本番が怖かったので、
弾き終わった後、珍しく目が潤んできてしまいました。



次回、第93回定期演奏会は・・

日時:2012年9月16日(日)
会場:すみだトリフォニー
指揮:中田延亮
曲目:ベルリオーズ ローマの謝肉祭
   プーランク バレエ組曲「牝鹿」
   プロコフィエフ 組曲「シンデレラ」から抜粋

また1stを弾くことになりました。
どのポジションになるかわからないけど、与えられたポジションで、
自分のすべき仕事をよく考えながら弾きたいと思います。

でも、たまにはもっと精神的に楽に弾けるプルトで弾きたい・・



うっかり紹介を忘れそうになりました

こちら、ハーリヤーノシュに登場したツィンバロン。(クリックで拡大します)
なんと!サイトウキネンでも使われた楽器だそうです。
ツィンバロン奏者がとてもステキな方で、
休憩時間にみんなで試奏(試弾?)させていただきました。

ツィンバロン

ピアノは3本の弦で1音だけど、ツィンバロンは4本の弦で1音を作っているのですね。
知りませんでした・・
スポンサーサイト

Comment

Secret

プロフィール

おりひめ

Author:おりひめ
自閉症の息子(19歳)と‘普通’の女の子(高1)の母。

息子のピアノのフォローのために、26年のブランクを経てピアノを再開⇒ただいま多忙につき、再度お休み中。

バイオリンは大学オケで始め、現在都内の某アマチュアオーケストラに在籍し、独学で20数年ブランクなしで続けています。

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カテゴリ

カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。